派遣という仕事を受け入れてみる

最近は就職氷河期とか言いますよね。

確かに正社員の求人は少なく、派遣やパートでの募集が多い気がします。

その少ない求人の正社員に多くの人が殺到するので、必然的に不採用の人数が増えていくわけです。

そんなことが続くと応募している人も「正社員が無理だから、とにかく派遣でもパートでも仕事しないと・・・」と焦ってしまうみたいです。

もちろん派遣とかパートが悪いというわけではありません。

でも正社員で働きたいと言う人が、派遣やパートと言う働き方しかできないのが問題なのです。

時間に制約がある人や期間限定ではたらきたい人は、派遣やパートと言う働き方をチョイスすればいいです。

しかし継続的に仕事を続けたい人には、契約期間が定められている派遣やパートと言う仕事は不安定という形になってしまいます。

でも考えようによっては、派遣でも契約更新という形があるので同じ職場で同じ仕事を続けていくことが可能です。

それに長期間同じ所で派遣として働いていると、正社員での雇用という道も開けます。

正社員からの入り口はなかなか厳しい時代なので、まずは派遣と言う道から会社に入り正社員での雇用を目指すという方法が現実的なのかもしれません。

派遣の仕事をしたいならリクルートが大手でいいと思います。≫リクルートスタッフィング

このブログ記事について

このページは、adminが2013年4月19日 15:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「huluを受け入れてみました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。